スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NARUTO ナルト 503 (cover, with color poster)

In the poster, you can see the heart-warming “typical image of a happy family life” of Minato, Kushina and Naruto.

It’s not so special for my family, but I thought that the scene was their best wise for them …….


The chapter started with the scene of Minato & Madara’s fight.

Minato got an advantage, and acted Jutsu of “Keiyaku-fuin” on Madara.

So, he was be able to remove Kyuubi from Madara. Then Kyuubi was no longer Madara’s.

Kyuubi gave a bark, and its looked-Sharingan-eyes became normal (though, I don’t know why!).


Then the scene changed.

Yeah! Here came child Iruka-sensei!

You can see his dad & mom, and they were in trouble!

“I’ll protect my mom!” child Iruka said, and he got scorched by his dad.

“Don't get cocky, brat! To protect own child is parents’ role!!” dad said.


Then the scene changed to the village with Kyuubi.

The ninjyas made effort to push Kyuubi out from the village, and they were trying to beat Kyuubi.


Then the scene changed to a forest covered Kekkai barrier.

Many young ninjyas were gathered in the place, and the parents’ generation ninjyas were giving order young ninjyas not to fight with Kyuubi.

“It’s just a matter of our village. Fighting with Kyuubi doesn’t have such value as you bet your lives.”


Then the scene changed again, around the village with Kyuubi.

Minato was free and back in the village, due to escape (?) of Madara.

And, he made Kyuubi “fly” to a deep mountain with him.

Kushina and Naruto were there with him, without even noticing.

Minato and Kushina had a talk in whick you can see there is very strong family bond, it was really impressive.


Then, Minato made a decision of acting “ Shiki-fuujin” on Kyuubi, saying
“I’ll take Kyuubi along with me.”

But apparently, he can just seal the half of Kyuubi, although betting his life.

Then, he pronounced that he would seal the rest of Kyuubi in Naruto with “Hakke-fuuinn”.

This chapter ended with that Minato was starting to act “ Shiki-fuujin”.



This chapter was so serious, and must be so important in the story of “Naruto”.

I was able to read never described scenes, so I thought this chapter was worth seeing, although there are still many mysteries.


But, the most noticeable point for me is Child-Iruka with his parents!

He had shadows under his eyes even he was young! How poor he was(;_;)

And, ……I can’t help stopping laughing when I saw his dad’s barb-like beards, thought the scene was serious. (´∀`)



付属のポスターに、ミナト、クシナ、ナルトの微笑ましい家族団欒の1コマが描かれています。普通に見えるこの光景が、この家族にとっては一番の願いだったのでしょうね……。

で、本編はと言うと、ミナトとマダラが戦っている所から始まります。
ミナトが優勢になり、マダラに契約封印をかけます。
これで、マダラから九尾を引きはがすことができ、九尾はマダラのものではなくなったようです。
で、九尾が吠えて、なんだか良く分かりませんが九尾の写輪眼っぽい目が、元の目に戻りました。

場面変わって、子どものイルカ先生登場です! 
イルカ先生のお父さん、お母さんが大変なことになってます!
「ボクがかーちゃんを守る」と言って、父ちゃんに怒られます。
「ガキが図に乗るな! 子供を守るのが親の役目だ!!」と。

で、場面は九尾と木の葉の里に移ります。
どうにかこうにか九尾を里外に出すことに成功し、三代目を含めた忍者たちで倒そうとします。

また場面変わって、森の結界が張られた所に移ります。
そこには若い忍者が集められていて、親世代のベテラン忍者から九尾に近づくなと命令されています。
「里内のゴタゴタだ、お前達が命をかけるものではない」と。

場面変わって、また里と九尾です。
そこに、マダラが逃げ消えた(?)ことにより、自由になったミナトが戻ってきます。
そして、九尾ごと山奥に『飛んで』いきます。
いつの間にかクシナとナルトも一緒にいます。
そこで、ミナトとクシナとで、家族の強い絆がうかがえる感動的な話をします。

そして、ミナトは「九尾はオレが道連れにする……」と『屍鬼封尽』をかけると決断します。しかし、それは九尾の半分しかおさえられないようです。
残り半分はナルトに、八卦封印で封印することになります。

ミナトが印を組み、屍鬼封尽を始めた所で、この回が終わります。


今回かなりシリアスで、『ナルト』と言う作品で重要な場面の一つなのでしょう。
未だ謎に包まれていますが、今まで語られることのかかった場面を見ることができて見応えがありました。

でも何といっても、今回の見所はイルカ先生の小さなころと、その両親です、自分にとっては!
子どもなのに目の下に濃いくまをこさえたイルカ少年が哀れでした(;_;)
シリアスな場面なのに、父ちゃんのちょび髭で思わす笑ってしまいました(´∀`)

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
AD
>
Visit the Official HP!
Category カテゴリ
Latest Article 最新記事
Calendar カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Articles in the Month 月別アーカイブ
Track Back トラックバック
Access Analyzer アクセス解析 
サーバレンタル
フリーエリア
Ranking ランキング参戦中
Wanted! 募集中!
Please swap links with me, if you run your blog or HP in the same category!
相互リンク募集中です!
同じ分野でブログ、HPを運営されている方、よろしくお願い致しますm(_ _)m

Thanks for visiting!
free counters
Comment コメント
Profile プロフィール

A. Koba

Author:A. Koba
Plese click "About me" in the Category for more info.

A. Kobaと申します。
詳細はカテゴリーの"About me"をご覧下さい。
では、よろしくお願いしますm(_ _)m

Link リンク
Policy 方針
This blog does not intend to violate any laws or the rights of any party.

当ブログは、法の抵触や第三者の権利を侵害するものではありません。
RSSリンクの表示
Mail Form メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search Form 検索フォーム
RSS Link RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。