スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Borrower Arrietty 借りぐらしのアリエッティ (New Ghibli Movie)

The other day, I went to see “The Borrower Arrietty”, the latest film of Ghibli.

Usually I see Ghibli films in theatre, though I target at discount days.


One sort comment is …… it was not so impressive (+_+)

It was not boring, but there were not so many thrilling parts in it and the story didn’t expand as much as I expected, I thought.


I don’t say it’s boring, I was able to enjoy it during the screening.


For more details of the story, please visit the official site below.
http://www.karigurashi.jp/film_top.html (in Japanese)

This time, the director isn’t Hayao Miyazaki, but Hiromasa Yomebayashi 米林 宏昌.


この前『借りぐらしのアリエッティエ』を観てきました。
ジブリ映画は大抵映画館で観ます、安い時を狙ってですが。

感想を一言で言うと、あまり印象に残らなかったです。
観てて飽きると言うのではないですが、起伏に乏しいと言うか、あまり物語としての展開がないと言うか……。

決してつまらないと言う訳ではないんですよ?
観ている時はそれなりに楽しめました。

粗筋については、下記公式HPをご覧ください。
http://www.karigurashi.jp/film_top.html


Spoiler Warning! 以下ネタばれ含みます。




The original book is “The Borrowers (by Mary Norton)”.

I thought the story ended leaving things unfinished.

But, now I understood that because there are consecutive books for the story.

I thought “Ghibli want to spread good books ?”.


After seeing, I was a little confused, because I was not able to get the messages from the story.

Well, it’s not essential that every story has to have messages, but I cannot help expecting them in Ghibli films.

If I have to say something, I felt the following messages:

- Fancy toward dwarfs/ unknown creatures
- resistance against dying fates
- Be modest in nature, humans!

Hm……, they seem silly and shallow ('A`)


In the official HP, you can see the following key word.

“Humans or dwarfs, which species has the fate of dying. ”


In the details, I was impressed by the lines of Syou, the sub hero.
(He was reading “The Secret Garden” in the film; I thought Syou’s circumstance was similar to Colin.)

When he met Arrietty, the heroin dwarf for the first time, he said “You are dying spices” to her.

I was so shocked!

Even he thought he would die soon, it was too cruel!

Well, eventually he would say sorry to her.

But, the cruel word made me re-estimated Syou from “just a good and kind child with poor health” to “he has human touch.”

Another impressive line was
“Arrietty, you’re a part of my heart”.

That was really nice!

Syou was preparing for heart surgery and it would be difficult.

Because he had worried it so much, that was why he was so nasty.

Then, Arrietty, the person who took off his worries!

I think he mentioned the “heart” as an organ and soul in the line.

I hope he safely overcomes the surgery with his own word which gives him food to live!




原作は「床下の小人たち」と言う児童書みたいですね。
 

なんか中途半端な終わり方だなぁと思ったら、続きがあるんですね。
ジブリは、良い本を広めたいのかな?


観終わって、結局何を伝えたい作品なのか良く分かりませんでした。
まあ、全ての作品にメッセージ性がなくてはならない訳ではないのですが、自分はジブリ作品には求めてしまいます。

強いて言うなら、以下のような感じなんでしょうか?
・小人(未知なる存在)へのロマン
・滅び行く運命(風潮?)への抵抗
・もう逢うことのない人との絆でも、それを糧にすることができる
・人類よ、(自然に対して)謙虚になれ!

なんかはっきり書いてしまうと、バカっぽいと言うか、薄っぺらい感じがしてしますが(笑)

一応公式HPには、
『人間と小人、どちらが滅びゆく種族なのか!?』
という言葉がキーワードのように書いてあります。


細部について書くと、翔(サブヒーロー?)の台詞が印象的でした。
(作中で『秘密の花園』を読んでいましたが、その中のコリンと翔がちょっと似た境遇でしたね)

ほとんど初対面のアリエッティに「君たちは滅び行く種族なんだ(うろ覚え)」なんて意味のことを言うんですよ! びっくりです!

いくら自分を死に行く身だと思っていたとしても、酷すぎます!
まあ、結局はアリエッティに謝ることになるのですが。
でもこの一言で、「病弱でいい子だけど面白味に欠ける」キャラクターだった翔が、人間味のあるキャラクターになって来たように感じます。


もう一つの印象的な台詞は、
「アリエッティ、君は僕の心臓の一部だ」です。
これはもう、良かった!

翔は心臓の病気で手術を控える身で、その手術はどうやら難しいものらしいです。
それを気に病み、やさぐれて「滅び行く種族」発言がでちゃった訳ですが、その不安を取り除いてくれたのがアリエッティな訳です。
その心臓と、心とをかけて、こう言ったのでしょう。
この自分の言葉を糧に、無事に手術を乗り越えて欲しいものです!

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
AD
>
Visit the Official HP!
Category カテゴリ
Latest Article 最新記事
Calendar カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Articles in the Month 月別アーカイブ
Track Back トラックバック
Access Analyzer アクセス解析 
サーバレンタル
フリーエリア
Ranking ランキング参戦中
Wanted! 募集中!
Please swap links with me, if you run your blog or HP in the same category!
相互リンク募集中です!
同じ分野でブログ、HPを運営されている方、よろしくお願い致しますm(_ _)m

Thanks for visiting!
free counters
Comment コメント
Profile プロフィール

A. Koba

Author:A. Koba
Plese click "About me" in the Category for more info.

A. Kobaと申します。
詳細はカテゴリーの"About me"をご覧下さい。
では、よろしくお願いしますm(_ _)m

Link リンク
Policy 方針
This blog does not intend to violate any laws or the rights of any party.

当ブログは、法の抵触や第三者の権利を侵害するものではありません。
RSSリンクの表示
Mail Form メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search Form 検索フォーム
RSS Link RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。